パワースポット出雲大社

「平成の大遷宮」で新しくなった出雲大社を参拝してきました。
出雲大社といえば、縁結びの神様で有名ですよね。
また、大国主大神をまつり、十月「神無月(かんなづき)」には全国から神々が集まるパワースポットとしても注目されています。
最近は特に婚活ブームもあり、たくさんの方で賑わっていました。

神社の参拝は一般的には、二拝二柏手だそうですが、ここ出雲大社では、「二礼四拍手一礼」。
「願い事はたくさん祈願してください」
と、書いてありましたので、
「関与している方々のビジネスが順調であるよう、よいご縁に恵まれますように!」
と、二礼四拍手一礼でしっかりと祈ってまいりました。

世界遺産、石見銀山

かねてから行ってみたかった世界遺産の石見銀山にようやく行けました。
見所が分散しているため、歩いて廻るには時間が足りないと思い、レンタサイクルを利用しました。
龍源寺間歩まで上り坂を一気に上った後、清水谷精錬所跡、選鉱場跡、五百羅漢や趣のある町並みを眺めながらゆっくりと下りてきました。

龍源寺間歩はかつての坑道で中を歩けます。
外は34℃の猛暑にもかかわらず、間歩の中は16℃。
ひんやりして別世界のようです。

石見銀山は16~17世紀にかけて産出量がピークとなり、その時代は世界の銀産出量の3分の1を占めたそうです。いまはのどかな里ですが、その当時の繁栄振りは大変なものだったのでしょうね。

今回は時間がなく、大久保間歩や釜屋間歩の1日限定20人のツアーには参加できませんでしたが、地元の方に聞いた話しでは、ここにしかいない貴重なコウモリが生息しているとか。

今回は、午前に出雲大社、午後に石見銀山を廻りましたが、出雲大社と石見銀山の間は、1時間程度で結ぶ直行バスが便利です。
出雲大社側の発着場は、出雲大社近くの神門通り広場で便利な場所にあり、石見銀山側の発着場も、石見銀山公園にあり歩いて廻りやすい場所にあります。